ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 雷 本店/雷そば(並、ヤサイニンニクマシマシ) semスキン用のアイコン02

  

2009年 12月 07日

「中華蕎麦とみ田」の富田氏直営三店舗目である、「雷 本店」に行ってきました。
「本店」って付けてるくらいだから、もしかすると店増やす気なんじゃないかって思ってるけど、どーなんだろうか。今度聞いてみよう。
こんなチケットを貰ったので、当たり前だけど使いますw

c0212636_0252635.jpg

開店と同時に店内に入ったら、どっかで聞いた事のある声で「お久しぶりです!」って言われてびっくり。富田氏の右腕でもある上江洲氏が店長やってるとわ…「東池袋大勝軒ROZEO」から異動になってたのね。

「雷 本店」は、二郎インスパイアの店舗です。
つまり、豚骨醤油スープに杏仁豆腐みたいな背脂が浮いていて、極太麺と大量の茹で野菜、そして刻み生ニンニクという組み合わせ。聞いた話によると、スープをこしらえる時点で、醤油だれとニンニク、脂をしっかりかき混ぜて一体化させて、ムラのある味にならないように心掛けているんだとか。

雷そば(並)は麺量150gなので、そこまでパンチの効いた量ではない…と思いきや。

c0212636_033111.jpg

おいら、ヤサイマシにした記憶はある。だけど、配分ミスなのか上江洲氏の確信犯なのかは定かではないけども、何だこの盛りはw
まあ、他にも突っ込みどころ満載な一杯とご対面…いや、対麺したんだけど、敢えて突っ込まずに食べてみます。

ヤサイはシャキシャキした良い茹で具合です。甘みがしっかり感じられるので、スープのパワーにも負けない感じ。
スープは濃度の高い豚骨に、濃い目の醤油だれで味付けがされてます。結構シンプルな豚骨醤油だけど、もう少しライトな豚骨に甘みのある醤油だれってパターンが多い中、ある意味挑戦的なスープなんじゃないの?これ。
背脂はプルプルの杏仁豆腐タイプ。コレもスープとしっかり馴染んでいて、甘いだけじゃなくて旨みも十分に供給してくれます。
まあ、何が言いたいかっていえば、大変うまいって事です。細かい事なんて気にせずに、ジャンクなラーメンをガッツリ食え、って事ですね。甘くてしょっぱくてパンチが効いてて、でも思ったより口当たりは優しめ。二郎インスパイアの店ってたくさんあるけど、初めて食べるタイプの二郎かも知れないです。

c0212636_0463567.jpg

自家製麺は、「中華蕎麦とみ田」と同じもので、切り方だけが違う(2009年12月現在)らしく。
でも、このスープに全く負けていない、大変相性の良い麺だと思います。たまたまモヤシと一緒に記念撮影できたので、麺の太さが良く分かるんじゃないでしょーか。
コシがしっかりしている麺で、噛むと自然な甘みがジワーって出てくる感じです。実直なまでにジャンクさを追い求めたスープがバッチシ絡んできて、150gくらいなら簡単に食べ終える事になると思います。だって、近隣の女子高生集団とかも食べにきてたくらいだしw

ガサツでジャンクなラーメンだけど、結構シビアにバランスを考えてスープを作ってるのは間違いないと思います。
二郎って結構日によってブレが大きいのが特徴なんだけど、「雷 本店」の場合、おそらくブレはあまりないんじゃないかな?と感じました。富田氏はそういうスープの作り方をする職人なので、ここでも同じようなこだわりが踏襲されているはずです。
まだ試行錯誤の段階かもしれないですが、また近いうちに訪問する事は間違いない一軒です。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_0544530.jpg

雷 本店
千葉県松戸市北松戸3-1-76
営業時間/11:30~27:00
※カウンター8席+テーブル3席
アクセス/北松戸駅東口から水戸街道(国道6号)へ出て、交差点を左折。徒歩4分くらい。
[PR]

by carp1976xp | 2009-12-07 00:58 | 中華蕎麦とみ田