ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 麺屋吉左右/味玉つけ麺 semスキン用のアイコン02

  

2009年 12月 30日

2009年12月、現時点で個人的に最強と思われるラーメン店、それがここ、「麺屋吉左右」です。
既に食傷気味になってる豚骨魚介ってジャンル、あとは濃くするとか魚介を強くするとか、もう独自性を打ち出すのが大変難しいレベルで膠着状態になってると思うんだけど、「優しくする」って方向性を最初から貫き通している店って、挙げるならここ以外思い浮かばない。
この日はタイミングが良くなくて、年内最終日の営業だったってのもあり、並び始めた瞬間にラーメンが品切れになってしまい、やむを得ずつけ麺に方針転換しました。つけ麺の注文が殺到する夏場であっても、ラーメンを注文したくなるくらいにラーメンが美味い名店ですが、つけ麺も抜群に美味いです。

行列は一時期の異常性を通り越した今、時間帯を誤らなければ20人程度で落ち着いています。実は開店直後が一番並ぶ時間長いと言う罠に嵌らないようにしたいものです。13時過ぎくらいが狙い目かな?

c0212636_2228301.jpg

相変わらず超高めなホスピタリティで提供されるつけ麺のスープがコレ。
トロットロなんだけど、口当たりが大変優しいんです。鶏の風味が強く感じられるので、豚と鶏の配分は、もしかすると鶏の方が強いかもしれないです。憶測だけどw
昔はもう少し魚介が強めで、胡椒が結構効いていた印象だったけど、優しさは更にパワーアップしていて、ベースとなる動物系スープの存在感が圧倒的に強くなってました。素材起因と思われる甘みとかコクとかが強力なのに、どこかホッとする感じのこのスープ。隣町の「こうかいぼう」と、目指す方向性は同じなんじゃないかって思います。
醤油だれを見直したのかな?何でこんなに安心感のある味になってるんだか…。

c0212636_22321347.jpg

麺は自家製のプリプリ太麺です。スープが優しいから、この麺の甘みがとっても引き立ちます。噛めば噛むほど味が滲み出てきて、スープと合流を果たした末に展開される清涼感は、インパクトのあるこのメニューからは想像も出来ない結末です。とにかく、コシがあるからしっかり噛んで食べたいもんです。

相変わらずのご夫婦経営で、店内に掲示された色紙も健在。
物腰の柔らかい姿勢は変わりませんが、それだけに意思の強さを感じさせられる名店です。決して来客の期待を裏切らない心意気みたいのがビシバシ感じられて、なんだか嬉しくなってきました。
並んでた方々は概ねリピーターばっかしだったようです。行列店なのにこんだけ観光客率が低いって、なかなか見られるもんじゃないですし。来客の質も店の姿勢に感化されてか、とっても穏やかな雰囲気が漂ってました。いいですね、こーいうの。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★★★(10点/10満点)

c0212636_22402553.jpg

麺屋吉左右
東京都江東区東陽1-11-3
営業時間/11:30~15:00(品切れで早仕舞い)
※カウンターのみ、列の並び方は店頭の案内に従って。自転車停める場所は店頭はじっこで
アクセス/地下鉄東西線木場駅から永代通りを東に向かい、東陽三丁目交差点で右に。道が開けてきたところでまた右に曲がってすぐ。徒歩5分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2009-12-30 22:44 | らーめん@お気に入りの店