ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 愛内里菜の引退に思う事。 semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 01日

昨日、某氏からのメールで知った引退報道。
「ほんとかよ」と思いYahoo!見てみたら、なんとヘッドライン扱いで報じられていて。

c0212636_10341044.jpg

まあ、死んじゃった訳ではないにせよ、この先何年も活躍してくれると思ってたアーティストの引退って、とっても残念な気持ちになります。
飯田…いや、水嶋絢香さんみたいな例はしゃーないとしても、やっぱし「辞めちゃう」ってのは、ね。

賛否は別として、まだ全然勢いがあった頃は、色々コラボとかして楽しませてくれた。

c0212636_10384540.jpg

…ああ、気が付けば二人とも引退してんのね。

若さの勢いだけで走っていた時代の方が、圧倒的に人気が高かったのは間違いない。単純に比較できる材料として、20代前半に彼女がリリースしたアルバムは、オリコンチャートで1位を獲得していたもんだった。
でも近年のアルバムは、トップ10入りこそすれど、1位なんて夢のまた夢、って感じの出荷枚数。
それが、世の中の順当な評価だったのかも知れない。

c0212636_10423520.jpg

ただね、年齢を重ねる事で経験を積み重ね、良くなっていく部分って、とっても多いと思うんだ。
ミュージシャンなんて表現者なんだから、勢いだけじゃなくって、内向性の高い要素を如何にして外に顕して行くのか、そういったスキルが強く求められる。
専門性の高い職業だから、トレーニングによる技術の向上も期待できると思うけど、それ以上に人間力がアップしてナンボの世界。
若手よりもベテランの方が、そーいった要素は持ってる可能性が高いのは、きっとこんな理由だと思う。



「アイノコトバ」

たぶん、チャートの1位を取ってる頃に歌っても、何にも伝わらないからっぽな曲になってたと思う。

何はともあれ、「今までありがとう」ってのが正直な感想ですかね。
おつかれさまでした。
[PR]

by carp1976xp | 2010-08-01 10:46 | 日記的なもの