ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:らーめん@お気に入りの店( 20 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 ○心厨房/しお味玉らーめん semスキン用のアイコン02

  

2011年 12月 10日

洲崎の魅力がいつの間にかラーメンやさんになってしまったのは、一体いつの間にやら。
えとう区で最もSoltyなラーメンやさんである「○心厨房」も、当然その魅力を構成する中心的存在です。

c0212636_22212290.jpg

以前は「Atomic Solty 塩らーめん」って名乗ってたメニューなんですけど、いつの間にか冠詞が取れて、単なる「塩らーめん」に降格させられてました。しかしながら、仕上がりのハイレベルさは一切変更ありません。
豚骨魚介っぽいスープですけど、タレが塩となります。だけど、「しょっぱい」って感覚は殆どなくて、寧ろ材料の甘みが引き立つ感じで塩加減が調整されている。他にも、昆布とか鶏とかも使ってると思われる奥行きのある旨み、立体感のある旨み。
ラーメンって言ったら、日本が誇るジャンクフードとして名高いと思うんだけど、このラーメン食べてジャンク感を覚える人って、殆どいないんぢゃね?

c0212636_22254113.jpg

麺はストレートの中太麺で、大変口当たりがいいです。そんなに個性的な麺じゃないんだけど、スープの塩加減が絶妙なので、甘みフワーって湧き上がってくる。これは、噛めば噛むほど美味しい。

煮干とか、豚とか、塩とか、目立たせようと思えば容易に主役にできるであろう素材を、敢えて協調性重視の存在に落ち着かせる事で、幾らでも食べれるようなラーメンに仕上げている。
やっぱし料理って、全体調和が大切なんだよなあ…と、改めて思わされるような一杯が楽しめるお店です。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_2231985.jpg

○心厨房
東京都江東区東陽1-25-6
営業時間/11:30~15:00、17:45~20:00(品切れで早仕舞い、祝日は昼の部のみ)、日曜日及び第2、第4月曜日(祝日でも休み)
※カウンター以外に4人用テーブル1脚あり。列の並び方は店頭の案内に従って。食券先に買うスタイルです
アクセス/地下鉄東西線木場駅から永代通りを東に向かい、東陽三丁目交差点で右に。通りの右手アーケードを抜けて、洲崎橋南の交差点で左折してすぐ。徒歩6分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-12-10 20:18 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 よかろうもん/ラーメン semスキン用のアイコン02

  

2011年 10月 10日

かなり昔から認識はしてたんですが、何故か足が向いてなかった一軒。最近一番のお気に入りかもしれません。
京葉道路を疾走していると、三ツ目通りの交差点まで届いてくる、誘惑的かつ挑戦的な豚骨臭。肉体が自然に反応し、気が付けばカウンター席に陣取っている…という展開が大変多く、困っていますw

c0212636_15224764.jpg

東京を含め、いろんな場所でメインジャンルとなっている「博多(豚骨)ラーメン」ですが、正直言って福岡のソレには遠く及ばない。中洲に入る橋を渡った瞬間の臭さとか、那の津通りは長浜の交差点を渡った瞬間の臭さとか、そんな臭さが漂う場所でしか得られない、ザ・ベスト・オブ・クサウマグルメ。
都内各所で豚骨を追い掛けてはガッカリしていた諸兄にイチオシの臭さが、遠慮なく提供されています。

スープは例の天然濁り成分配合な豚骨で、髄の部分まで炊き出した時に得られる、独特の臭さが席巻。恐らく豚骨成分の高い方ならば、自然に食欲が刺激されるであろう環境です。言い換えれば、この手のニオイがダメな人は、近寄らない方が無難ですw

c0212636_15285873.jpg

麺は、「どうせお前ら、カタ麺だろ」と言わんばかりに、標準茹で方がカタ麺となります。「カタ」と呟く手間が省ける事でしょう。例のストレート細麺は、臭いスープを全力で巻き上げてくれるので、勢い良く啜り込めば替玉の時間も近い事でしょう。

という事で、全く味のイメージが伝わらないエントリーになってしまいましたが、言いたい事はただひとつ、「クサイ」という事です。
現地に近い味ですが、価格は東京プライスなので、エンドレス替玉すると、会計の時に少しだけ驚くかもしれませんw
……ああ、ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★★☆(9点/10満点)

c0212636_1534835.jpg

よかろうもん
東京都墨田区緑3-17-8
営業時間/11:30(土日祝は12:00)~15:00、18:00~26:30、ラストオーダーは閉店30分前
※テーブル席あり、居酒屋として利用されている場合も多い
アクセス/錦糸町と両国のちょうど中間点のあたりにあるため、両駅より徒歩15分程度。JR線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅南口か、JR線、地下鉄大江戸線両国駅より、京葉道路(R14)を進み、「緑三丁目」交差点から三ツ目通りをJR高架寄りへ少し入った通りの左手。店の目の前がバス停(業10系統、緑三丁目停留場)。
[PR]

by carp1976xp | 2011-10-10 15:41 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 こうかいぼう/らーめん+味付たまご semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 20日

ラーメンと聞けば、どちらかと言うとジャンクフードの類を想像する事の方が多いと思うんですが、ここ「こうかいぼう」には、その特徴は当てはまりません。「旨い」と「美味しい」って同義語ではあるけれど、一致する意味ではないと思ってますが、「こうかいぼう」は間違いなく後者がピタリとハマる一軒です。

c0212636_18145837.jpg

メニューは決して豊富ではなく、ざっくり分けると「らーめん」「つけめん」の二種類しかないんですが、どっちもオススメとなります。
とにかく、スープが素晴らしい。ダシが超優しく五臓六腑に染み渡るような感じで、お店に「味噌汁のような、毎日食べても飽きないらーめんを標榜」って感じの事が掲示してあるんですけど、まさしく言葉通りのスープと言えます。豚使ってて、ここまでクリアで澱みのないスープが取れるのか!って、驚かされる事になるのでは。
おいらも3年ぶりくらいに訪問したんですけど、昔より更に磨きが掛かってるような気がします。

当然、魚介だしもクリアかつマイルド。でも、旨みが緩やかに深みを演出してくれていて、大変な一体感です。

c0212636_1824733.jpg

麺は別に特徴がない…って言ったら失礼ですね。
この玉子麺、素敵なスープをそのまま伝達してくれる、素晴らしい麺です。お店のスタンス同様、とっても素朴であり、かつ王道を直進するような、いかにも「ラーメンの麺!」って感じのスタイルを進化させたような印象。
歯応えがしっかりあるので、結構噛めば噛むほど味が出ます。

まあ、おいらがここで語るまでもないと思いますが、東京都内でも屈指の名店なのは間違いないと思います。
深川の下町界隈で、突然登場する20人超の行列は違和感ありまくりですが、一回食べればまた行きたくなる、そんなリピート必至の一軒だと思います。とにかく、おいしい。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★★☆(9点/10満点)

c0212636_18293443.jpg

こうかいぼう
東京都江東区深川2-13-10
営業時間/11:00~15:00、17:30~18:30(品切れで早仕舞い、土曜日は昼の部のみ)、日曜・水曜休み。閉店時間近くなると、だいたいオーダーストップしてます
※カウンター以外に4人用テーブルあり。会計は後です
アクセス/地下鉄東西線、大江戸線門前仲町駅より、清澄通りを北上し、葛西橋通りの交差点(深川一丁目)を右折。そのまま東進した通りの左側、最初の交差点のちょっと手前。徒歩5分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-09-20 18:33 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 ○心厨房/塩つけ麺味玉(大盛) semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 08日

江東区が誇るatomicなラーメン屋さん、「○心厨房」。まごころちゅうぼう、って読みます。
麺屋吉左右」がすぐ近所にあるから、なかなか足が向かない状態だったんですが、やっぱし素晴らしいです。まごころ。

c0212636_2249058.jpg

数量限定らしいんですけど、意外と食べれる機会が多いとも言われている幻のメニュー、「塩つけ麺」。限定モノだからホントに幻になっちゃうかもしれないので、念のため「幻」って付けときますw
○心厨房」と言えば塩だろ!って勝手に決め付けてるので、普通のつけ麺回避して、敢えての塩です。

麺は、最近全く珍しくなくなって久しい、浅草開化楼謹製。モッチリした歯応えと、確かなコシがもたらす噛み応えは、滲み出る甘みと共に箸が進んで仕方ない感じです。
そして、このつけ麺が真の実力を発揮するのは、麺にレモンを垂らして、しっかり混ぜた後の事。千代田区の名店「つじ田」における「すだち」と同じような使い方をするのがオススメです。最初からレモン掛けちゃうともったいないので、3割くらいは普通に食べてから味変した方が楽しいと思います。

c0212636_22541833.jpg

スープはトロトロ濃厚な奴ではないんですが、麺の形状が縮れてるので、勝手に麺とフュージョンしてくれます。普通に食べると、やや煮干の香りが浮かんできて、昆布のコクが塩といい感じでマッチしていて、奥行きのある味になってるんですが、レモン味変後は突然豹変してくれます。
塩だれのパンチがジンワリ広がって、その後で昆布とか煮干とか麺の甘みとかが複雑に絡み合ってくるので、欲望に任せて食べ進めるのみ。

スープ割りすると、煮干がジャーンって前に出てきて、かなりサッパリした後味になるんですが、コクの強さは相変わらず。しっかり、豚とか鶏ががんばってます。このつけ麺は、ちょっと他では食べられないかなあ。

こういう店が裏通りにあるって時点で、やっぱり木場ラーメンバレー最高って思っちゃいます。
とってもおいしいです。ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★★☆(9点/10満点)

c0212636_22583222.jpg

○心厨房
東京都江東区東陽1-25-6
営業時間/11:30~15:00、17:45~20:00(品切れで早仕舞い、祝日は昼の部のみ)、日曜日及び第2、第4月曜日(祝日でも休み)
※カウンター以外に4人用テーブル1脚あり。列の並び方は店頭の案内に従って。食券先に買うスタイルです
アクセス/地下鉄東西線木場駅から永代通りを東に向かい、東陽三丁目交差点で右に。通りの右手アーケードを抜けて、洲崎橋南の交差点で左折してすぐ。徒歩6分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-09-08 23:02 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 麺屋 一燈/特製濃厚魚介つけ麺(自家製麺中盛) semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 18日

自家製麺の導入、新店の立ち上げとイベント目白押しの坂本幸彦氏。
何もなくても通常状態から燃えている坂本氏が、より一層熱く燃え上がっている事は間違いない状況です。その熱い想いを全身で体感するために、立ち寄った場所はJR総武線新小岩駅より徒歩3分くらいの場所となります。

c0212636_1635197.jpg

と言う事で、迷わずつけ麺、しかも特製を発注しました。坂本店主は、新店の店長候補となる若者に熱い指導を繰り返しながらも、調理工程に対しても普段以上に熱が入っています。アチい。

麺は表面シコシコ状態ですが、少しスープで温度を得れば、すかさずモッチリとシコシコの狭間にある、いい感じの歯応えへと転身を図ります。麺全部をスープに浸すと、食感が一定してしまう上、ドロドロスープがあっという間になくなってしまうので、半分くらい漬けて食べるのがオススメです。
以前の麺との違いは、麺の甘みとかコシが少し増して、風味が豊かになった分、スープにそこまで頼らなくても安定して旨みが充満してくるところです。まだ発展途上の麺なのは間違いないですが、製麺機導入して1ヶ月も経たずにこんな麺作っちゃうあたり、素晴らしいと思います。

c0212636_16423182.jpg

スープはこんな感じです。
相変わらずコクフルなスープですが、ちょっと味が抑え目になって、深みが増したような気がしました。
だから、舌先に触れた瞬間よりも、麺を噛んでる時の方が美味しさを強く感じるんじゃないでしょうか。

c0212636_1644340.jpg

麺とスープの絡みは相当なものです。箸が止まりませんw

と言う事で、自家製麺(つけ麺用の太麺)は抜群に美味しかったです。
目立ちすぎもせず、でも十分な存在感。季節に応じてスープの出来が微妙に変わってくると思われますが、麺の微調整でバランスを調えてくれると思います。つまり、ただでさえブレが少ない「麺屋 一燈」が、より一層ブレない店に変貌するって事です。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★★☆(9点/10満点)

c0212636_164923100.jpg

麺屋 一燈
東京都葛飾区東新小岩1-4-17
営業時間/11:00~15:00、18:00~22:00(材料切れで早仕舞い)、月曜定休(祝日等例外あり)
※喫煙不可、駐車場なし、カウンター席のみ
アクセス/JR総武線新小岩駅北口より、平和橋通りを蔵前橋通り方面へ進む。「酒のカクヤス」角を曲がってすぐ。徒歩3分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-06-18 22:00 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 大ちゃんらーめん/とんしおチャーシュー semスキン用のアイコン02

  

2011年 06月 05日

千葉県は内房の中央、君津までクルマを走らせて、ジャンクなラーメンを堪能して来ました。
2年ぶりくらいの訪問ですが、相変わらず近隣ナンバーのクルマで駐車場は満車状態。オサーン単独からファミリー層まで、客質を選ばずに大盛況。

c0212636_10532089.jpg

先に餃子がやってきました。ニンニクが利いてて、ラー油に合う餃子。お店の看板メニューで、大変旨い。

c0212636_10551348.jpg

そしてやってきた、とんしおチャーシュー。
スープは豚骨ベースで、甘みの利いたタレで味を調えてます。そして、最後に男らしくニンニクがガツンと入ってくる。
大ちゃんらーめん」は、日々ニンニク臭い人を大量に世に解き放つ役割を担っています。家族連れで、みんな仲良く臭くなるのが最も素晴らしい作戦かもしれませんw

c0212636_1112686.jpg

参考までに、麺はこんな感じです。スープを吸いやすい麺なので、上層部から順繰りに食べるよりも、少し深いところから引っ張りあげて食べた方がおいしく食べられるような気がします。

片田舎のラーメン屋さんって感じの風貌で、駅から徒歩で行くのは困難な立地なんですが、開店前から行列が出来てるほどの人気店となってます。
人は「美味しい」と「旨い」を」求めるものだと思いますが、「大ちゃんらーめん」は間違いなく「旨い」に該当するラーメン屋さん。…だって、ここのラーメン食べて「味が美しい=美味」って感じる人、たぶん存在しないと思うぜ、おいらはw
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_115645.jpg

大ちゃんらーめん
千葉県君津市常代5-4-2
営業時間/11:30~14:30頃(スープ切れで終了)、木曜日定休
※餃子の販売のみ、営業時間終了後も継続。16時過ぎくらいまでなら買える可能性が高いです。
アクセス/木更津南IC、君津IC方面より、国道127号線(内房なぎさライン)を南下。「常代」交差点(GSあり)を左折し道なりに進んだ通りの右側。君津駅から徒歩だと、約6km。
[PR]

by carp1976xp | 2011-06-05 11:12 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 燦燦斗/つけめん+味玉 semスキン用のアイコン02

  

2011年 05月 11日

ご無沙汰してました、燦燦斗。都内屈指の実力店です。

c0212636_23402979.jpg

スープは食傷気味な飽き飽きジャンルの豚骨魚介。いわゆる「トンギョ」なんですが、燦燦斗の豚骨魚介はちょっと他店とは棲み分けが違うような気がします。
豚骨魚介っていうと、濃厚かつドロドロなスープを提供する、「六厘舎」とか「中華蕎麦とみ田」を模倣する場合が多いんですが、燦燦斗の場合、そこまで濃厚ってわけではないんです。語弊があるといけないので書いておきますが、濃厚は濃厚です。でも、脂っこさとか煮詰め重視で攻めてるわけではなく、バランス重視と言うか、重さを感じない濃厚さになってます。
魚介は尖ってないし、豚骨はマイルドで口当たり抜群。優しい豚骨魚介を標榜しているのか、麺が多いのにペロッと食べられるのが素晴らしい。

c0212636_23473470.jpg

で、麺は普通盛りで300gも入ってます。さすがに、おなか一杯になるのは間違いないであろう物量です。小食に自信がある方は、麺少なめでお願いした方がいいかも知れません。
しかし、平打ち気味の極太麺で、モッチリしたコシの強さが食感の良さに直結して、これまた飽きが来ない。減らしちゃうのはもったいないと感じるのもまた事実です。困ったものですネ。。。

やっぱり食べ物ってバランスなんだなー、って思わされる名店だと思います。
場所が東十条という、何かのついでに立ち寄る事が考えにくい立地ではありますが、燦燦斗に寄るためだけにフラっと降りてみるのも良いのではないでしょうか。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_23515472.jpg

燦燦斗
東京都北区中十条3-16-15
営業時間/11:30~14:30頃、18:00~22:00頃 (材料切れ次第終了)、木曜日定休
※カウンター席のみ、並ぶのは基本的に店の外になります
アクセス/JR線東十条駅北口を出て左へ。架橋を渡った先の階段を上り、すぐ先の不動産屋角を左折。少し下った通りの右側。徒歩2分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-05-11 23:54 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 青島食堂 秋葉原店/青島チャーシュー大盛 semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 01日

群馬から登場した某部長と、秘密の会合ですw
場所はオタクの聖地、秋葉原…から浅草橋方面に3分くらい歩いた場所。つまり、オタク界隈とは完全に別方向。。。

c0212636_23151546.jpg

このステキなビジュアルは、まさしくチャーシューメンと呼ぶに相応しい、何とも厳つい趣き。
肩ロースっぽい肉質のチャーシューが、これでもか、これでもかと搭載されています。これだけでおなかいっぱい、夢いっぱい。

肝心のスープは、チャーシューの煮汁を駆使した豚さんのステキなエキスが充満した、香るだけで心が満たされる感じのワイルドな仕上がり。
生姜を多用している事が店内の掲示等で確認出来るんですが、まあ普通に店の中へ足を踏み入れれば、誰でも推測する事が可能と思われます。まあ、しょうがねえかなあ。




………。
さて、気を持ち直して。

c0212636_23183689.jpg

麺は中麺です。若干縮れてますが、別に意図的なものではないと思います。
コシがあって歯ごたえ云々、という麺ではなく、ストレスなく食べられる感じの、食感優しい麺を使ってます。
豚さんバリバリなスープとはいっても、九州豚骨みたいな攻撃的なものではないので、麺の自己主張はあんましなくてもいいと感じますので、まあこんな感じの麺がベストなんじゃないでしょーか?
チャーシューとか他の具と一緒に頬張れば、当たり前だけど、美味しさ倍増となります。

ヤケに凝ったラーメンとか、異常に濃いラーメンとかが猛威を振るっている東京のラーメン市場において、こんな感じのラーメンが人気を博しているのは、ある意味自然な流れなんじゃないかな、って思います。
だって、最近は濃厚な豚骨魚介とか食べると、すぐに「ウフッ」ってなって若干気分が悪化するんですもの。
…歳かしら。。。

ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_23232010.jpg

青島食堂 秋葉原店
東京都千代田区神田佐久間町3-20-1
営業時間/11:30~15:00頃、17:00前〜19:00 (材料切れ次第終了)、火曜日定休
※外から見るとシャッターが閉まってるように見えますが、ちゃんと開いてます
アクセス/JR線、地下鉄日比谷線秋葉原駅、昭和通り口より、昭和通りを越えて総武線高架横(南側)を直進。公園の横で右折して直進、公園が途切れたあたりの角。徒歩3分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-02-01 23:27 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 つけめん玉/インドのつけめん+味玉 semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 14日

浜川崎駅から徒歩10数分、川崎駅からだと徒歩20分くらい。なんて、アクセスの悪い場所にあるんだろーか。
でも、そのお陰であんまし混んでないってのが素晴らしい。但し、臨時休業が怖いので、行く時はいっつも電話で確認してしまうのは仕方なしw

c0212636_2163839.jpg

前回訪問時に食べた、普通のつけ麺が驚嘆すべき旨さだったので、今回は必ずカレーつけ麺食べるぜ!と堅く誓っての訪問となりました。
ホントは、浅田のバーグでスタミナカレー食べようと思ってたんですけど、うっかりお休みの日に川崎まで着てしまって。…よかった、代替できる店があって。

そのカレーですが、基本的にスープの質は普通のつけ麺と変わらないです。丹念に仕込まれた濃厚スープがベースになっていて、そこにカレーが加わる。その分、魚介は抑えられているのか、あんまし魚感は表に出て来ません。
濃い味のものって、食べ進めると慣れて来て、何処となく飽きがくるもんですが、このカレーはなかなか秀逸です。辛さも中辛以下で、甘くはないけど辛すぎない…という絶妙な塩梅。大変食欲を刺激してくれる、絶妙なカレー感を実現しています。
かと言って、その濃厚さとは裏腹に、しつこさみたいな嫌なイメージは全く感じさせない。このあたり、ダシを手抜きしていない事を、結果で雄弁に証明していると言い切りたいです。うまし。

c0212636_2213956.jpg

麺との相性もバッチリです。コシの強い平打ち麺と、このカレー。唯一欠点があるとすれば、カレー汁が結構跳ね易いので、ちょっと慎重に食べないと衣類にカレー斑の付いた状態での帰宅を余儀なくされるって事くらい。
…ガッついて食べるとピンピン跳ねるので、落ち着いて食べたいところですw

と言う事で、素地が良い店ががんばると、たとえカレーみたいなインパクトの強い味付けにしたところで、品質はきっちり最上級を維持できるって事がよーくわかりました。
そろそろ寒くなってきたので、ラーメンを食べてみる天の時を得てる感じですかね?
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点/10満点)

c0212636_2265736.jpg

つけめん玉
神奈川県川崎市川崎区追分町6-12
営業時間/11:00~15:00、17:00〜21:00 (土日祝は通し営業、材料切れ次第終了)
※カウンターのみ、高台上のポットにお冷あり
アクセス/大変説明しにくいので、このへんをクリックして下さい。JR鶴見線、南部支線の浜川崎駅から徒歩でも行けますが、川崎駅からバスが良いと思われます。
[PR]

by carp1976xp | 2010-11-14 02:28 | らーめん@お気に入りの店

semスキン用のアイコン01 麺屋 一燈/芳醇香味そば(醤油) semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 24日

イヤほんと、涼しいを通過して、肌寒さすら感じる季節になってまいりました。

群馬からやってきたお姉様に、東京を代表する鶏スープを体験して欲しくて、やって来てしまった「麺屋 一燈」。オススメしたのは濃厚スープの奴なんだけど、自分ではサッパリしたやつを食べたくて、こんなメニューを注文です。

c0212636_18365047.jpg

前回食べた時(未うp)は、もう少し香味油のコクに頼った仕上がりだったような気がしたんですが、停滞を嫌う性分の坂本店主だけに、ちゃーんとヴァージョンアップを果たしていました。
一見すると東京醤油みたいな、鶏がらスープをイメージするかもしれませんが、食べてみると全然違う。ガラも使ってると思うけど、もっと鶏スープに深み…っていうか奥行きがあって、その分タレも若干濃い目になってます。
かと言って塩気が立ち過ぎている訳でもないので、総合的に見るとアッサリしたスープに仕上がってます。
上品なスープにする事も出来ると思うんですが、雑味みたいな要素もしっかり馴染んでいて、一見するとサッパリ、でも実は意外とワイルドって感じ。面白いスープです。

c0212636_18422935.jpg

麺は替玉が出来そうなくらいに細めなストレート麺。油のコーティングがなくても十分スープと馴染んでいて、食べ進めれば自然にスープの旨みがへばり付いて来ます。
たくさん入ってる具と一緒に楽しめば、より渾然一体感が楽しめます。並盛130gは少々少なめに感じるかもしれないので、中盛くらいに増やすと男性向けな量になると思います。

全体的にバランス感覚が光る逸品です。あんまし濃厚過ぎると食べきれない…とか、動物的過ぎる味に拒否反応が…って方には、全面的にオススメしたいメニューですね。
火、木、土は醤油、水、金、日は塩みたいなんで、次回は塩を出してくれる日に行く必要があるって事ですかw
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_18495488.jpg

麺屋 一燈
東京都葛飾区東新小岩1-4-17
営業時間/11:00~15:00、18:00~22:00(材料切れで早仕舞い)、月曜定休(祝日等例外あり)
※喫煙不可、駐車場なし、カウンター席のみ
アクセス/JR総武線新小岩駅北口より、平和橋通りを蔵前橋通り方面へ進む。「酒のカクヤス」角を曲がってすぐ。徒歩3分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2010-10-24 18:51 | らーめん@お気に入りの店