ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:らーめん@江東区付近( 12 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 らーめん美学屋/醤油らーめん semスキン用のアイコン02

  

2011年 12月 05日

城東エリアに住んでると、バス路線に精通していない限りなかなか出向く事が少ない深川エリア。チャリンコがあれば、亀戸~南砂町あたりまで10分ちょいで行けてしまうので、途端に訪問機会も増えるというもんです。
…そんな中、「美学屋」の醤油を食べに行ってみます。塩ラーメンについては、このあたりの文章を適当にクリックすれば、過去のエントリーが見られると思いますので、ご参照いただきたく

c0212636_0492792.jpg

塩ラーメン同様、クリアな鶏スープが主体となっていて、大変控えめな調味に終始しています。このラーメンを食べた瞬簡に「うまい!」って叫ぶケースは大変稀有と思いますが、食べ進める中途で「ああ、おいしいなあ」って思うケースならば、大変頻発している事でしょう。
とにかく鶏スープが清廉で、煮干とか昆布のダシを重ねる事で、旨みの相乗効果を見事に演出してくれます。単純ではない「旨み」の話だけに、このバランスを維持するのは大変な苦労を伴うのではないでしょうか。

c0212636_0523195.jpg

そして麺は中細麺(普通の奴)です。自己主張のない麺だけど、スープの旨み、ダシや醤油だれの優しさを包み込むようにして、口元まで誘導してくれる事でしょう。

何もかもが単体で目立っている必要など無い。チームとして最大限のパフォーマンスを発揮できればいい。そんな姿を感じさせてくれるラーメンが、一体どんだけこの世にあるってのさ。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_0545043.jpg

らーめん美学屋
東京都江東区東陽3-17-14
営業時間/11:30~15:00(日祝休み、但し祝日は月曜日の場合のみ休み)
※店内はカウンターのみ、先に食券を購入してOKです
アクセス/地下鉄東西線東陽町駅より、永代通りを東京方面へ進んだ通りの右手。徒歩4分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-12-05 00:43 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 とうかんや/しょうゆらーめん semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 27日

我らが東京都えとう区は、何故か東京メトロ東西線沿線に、美味しいラーメン屋さんが集中する傾向にあります。
その中でも最東端に位置すると思われる美味しい店が、ここ「とうかんや」です。たぶん。

本当はしおラーメンが好きなんですが、食券買って渡して、商品が届く時点まで「しょうゆ」買った事に気が付いていませんでした。だから、少しだけ驚きましたが、まあ重大な問題ではないです。どっちにしても、おいしい。

c0212636_21403958.jpg

「らーめん弁慶」の社長令嬢を夫人に迎えた方が作るラーメンとは思いもよらない、この和風なビジュアル。
但し、スープはラードでカバーされているので、思いのほかオイリーでコッテリしてます。でも、ダシに使われている豚、鶏ガラが基礎を固めて、そこに生姜、そして魚介だしが重なった、誰が呼んだか「トリプルスープ」のその実力、確かにも程があります。
醤油をタレに選択すると、魚介が引き立って、相当和風な感じの後味が期待できるんですが、密かに(嗜好によっては相当に)感じられる生姜のアクセントが、全素材の「尖った」部分を完璧に丸め込み、バランスの取れたスープに仕上げている感じです。
だから、蕎麦つゆとまでは言いませんが、ホント和風な仕上がりになってるんです。旨みが良い具合にまとめられてます。素晴らしい。

c0212636_21474022.jpg

麺は中麺で、クセのないストレート。スープをしっかり掴んでくれるのは、ラードのお陰だと思います。
これがまた、滑らかで食べやすい事、食べやすい事。スープが熱々なので、火傷にご注意ください。

実は駅から結構離れてるんですが、それでも平日、休日を問わず、概ね行列が出来ている人気店。
基盤がしっかりしているから、どのメニュー食べてもまず失敗はないと思います。次こそ、ちゃんと塩を食べねばと心に誓って、店を後にした次第です。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_2151285.jpg

とうかんや
東京都江東区南砂5-21-4
営業時間/11:00~15:00、18:00~20:00(日曜、第2・第4月曜休み)、土祝は通し営業で18:00まで(概ね夕方には材料切れ終了)
※店内はカウンターのみ、食券制
アクセス/地下鉄東西線南砂町駅より徒歩10分程度。2b出口を出て目の前の太い通り(丸八通り)をひたすら北上し、葛西橋通りの大きな交差点を越えて、次の信号(丁字路)の少し先、通りの右手。
[PR]

by carp1976xp | 2011-09-27 21:55 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 大勝軒 誠/らーめん(中盛) semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 18日

数えるのがめんどくさいくらいに増殖を続けている東池袋大勝軒。何故か江東区にはあんまし出店していないのは、不思議でなりませんw
とはいえ、数が多くても烏合の衆ならば意味がないのは当たり前。クオリティの高い大勝軒が出店してくれているのは、江東区民としては大変幸運な事だと感じてなりません。

c0212636_025549.jpg

東池袋大勝軒の特徴は、濃度が高くてコクが強い豚骨を中心とした動物系のダシに、エッジの効いた魚介のダシがガッツリ馴染んだスープです
。自家製の太麺から滲み出る甘みと旨みに、バランス感覚の優れたスープの旨みがしっかりと乗っかってきて、大変多くのファンを絶賛増殖中。
その中でも、「大勝軒 誠」のスープは絶妙な塩梅で、若干魚介が強めなんですが、動物系のスープがしっかりと奥行きを確保しているので、五臓六腑に滲むような旨みがジンワリと身体に染み込んでくるイメージです。
ガテン系のラーメンなのに、この安心感を醸し出すバランス感覚。頻繁に訪問しているわけじゃないんですけど、行くたびに力加減が適切になって来てるような気がして鳴りません。とにかく、香りの良さと味の深みにギャップが全然ないんですね。

c0212636_0323753.jpg

魚介のエッジが効いている分、ストレート太麺の甘みが際立ってます。歯応えも舌触りも喉越しも、東池袋大勝軒のラーメンに要求したい項目が、全てほぼ満点に近い値を弾き出す。
使ってる材料が「単体で美味しいかどうか」ってのは料理においてあまり意味がない事だと思ってますが、それはラーメンでも一緒。とことんバランスを追求する味の作り方には脱帽です。たぶん、もっと美味しくなるんだろうなあ。

こんだけ目立たない場所にあっても、お客さんがタイミング良く入ってくるので、待たせないけど途切れないという、ある意味理想的な客入りが実現しています。
特に物珍しいモノは一切ないんだけど、こういうラーメンってなかなかないような気がしてなりません。「誠」って看板に偽りない、とっても誠実な一軒だと思ってます。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_0373366.jpg

大勝軒 誠
東京都江東区門前仲町1-16-5
営業時間/11:30~14:30、17:30~20:00(木曜休み)、土日祝は昼の部15:00まで、夜の部は一緒
※店内はカウンターのみ、食券制でしたが当面の間は席に座ってから現金による前払いです
アクセス/地下鉄東西線、大江戸線線門前仲町駅より徒歩4分程度。3番出口から清澄通りを北上し、葛西橋通りの交差点を左折。そのまま西進し、首都高高架を超えた次のブロック角あたり。
[PR]

by carp1976xp | 2011-09-18 23:19 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 麺屋 中川會/つけめん(大盛)+味玉 semスキン用のアイコン02

  

2011年 08月 28日

テレビでウワサになっている一軒ですが、余りにも列が禿しかったので、しばらく敬遠していましたw
と言う事で、嬉し恥ずかし初めての訪問となります。

c0212636_17442488.jpg

つけ麺は、「濃厚豚骨魚介」を謳った一品です。所謂「トンギョ」なので、正直言って食傷気味なため、ハンパな商品が出てきた場合、いちいち時間使ってまでBlogにうpしようとは思いませんが、これがなかなか個性的。
単に炊くだけではなくて、手間ヒマ掛けが仕事ぶりがバッチリ反映された仕上がりなので、豚とか鶏とか、どーしても苦手なんだよね~、って人にも抵抗なく食べられるのではないでしょうか。

c0212636_17485558.jpg

スープは先にも書いた通り、一応トンギョで、おまけに見た感じで判断すると、完璧なまでにどっかで見た感じのステレオタイプなトンギョなんですけど、単なるトンギョではない感じ。
重さがあんましないので、ジャンクフード系トンギョを敬遠気味な人でも美味しく食べられます。このコク、ポタージュ(リエ)っていうか、食べた事ある味なんですよねえ…でも、ラーメン屋では出会った事がない奴。
うーん、何だっけコレ。思い出せないから、また食べに行ってきますw

c0212636_17511896.jpg

甘みがあるスープに対して、浅草開化楼(って書いてあったと思う)のコシフルな固めの極太縮れ麺が絡みます。スープが跳ねまくるので、気をつけて食べた方が良いかと。麺の量について、茹で前と茹で後のグラム数が書いてありますが、まあ一般的な店と同じくらいの量なので、食べれる人は遠慮なく特盛り逝っちゃってください、って思いましたw
臭みがなく、マイルドで、コクがあって、フレンチっぽくて、ジャンクではなくて、何か野菜スープのような甘みが席巻してて、味付けはやや抑えめで、後味もサラっとしている、そんな新感覚トンギョ。
スープ割りすると、より一層優しいスープに大変身します。現時点でかなり旨いんですが、もっと頑張って、もっと突き抜けて欲しいなあ…って思います。

「カレ変ライス」なるサイドメニューをゴリ押ししていた関係で、店内はほのかにカレー。
寒くなってきたら、ラーメン頼む日が必ず訪れるでしょう…楽しみです、とっても。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点/10満点)

c0212636_1756284.jpg

麺屋 中川會
東京都江東区住吉2-19-5
営業時間/11:30~15:00、17:00~20:00(月曜休み)
※店内はカウンターのみ、先に食券を購入して外の椅子に座って待ちます
アクセス/地下鉄新宿線、半蔵門線住吉駅より徒歩3分程度。住吉の交差点から四ツ目通りを北上して、角にコンビニがある交差点(最初の交差点)に着いたら右折してすぐ。
[PR]

by carp1976xp | 2011-08-28 17:59 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 らーめん美学屋/塩らーめん semスキン用のアイコン02

  

2011年 07月 25日

同じ江東区でも、城東エリア(総武線、新宿線沿線)、深川エリア(東西線沿線)は半ば分断されているので、チャリンコでもなければなかなか移動が億劫になりがちです。そんな中、本当は蕎麦を食べに行った木場界隈、気が付けば「美学屋」で塩らーめんを注文していました…蕎麦は、また後日w

c0212636_2215207.jpg

このクリアな鶏スープは、見た目通りクリアな口当たりとなっており、味付けも控え目ならばスープの濃度も控え目です。モノを食べて「美味しい」って感じる瞬間って、舌先に刺激を覚える瞬間か、もしくは口の中全体に染み込んでいくような旨みを感じる瞬間の二択だと思うんですが、「美学屋」の場合は間違いなく後者だと思います。
とにかく、尖った要素が一切なく、ひたすらジンワリと広がる旨みに舌鼓を打つ、そんな印象です。
鶏の旨み以外にも、柔らかさを演出する昆布、煮干のだしもほんのりと効いており、香りの面でもラーメンの美味しさを一段上のランクに引き上げる支援に余念がありません。
塩だれも、あくまで「ほんのり」。決してスープ自体の旨みバランスへ影響を与えるような事はあり得ません。

c0212636_22195010.jpg

麺は手もみ麺も選べるみたいですが、久しぶりだったので普通の中細麺にしてみました。この麺のツルっとした口当たりと、しっかりコシのある噛み応え、好きなんですw
クリアなスープって書きましたが、決して淡白なスープではないので、麺の存在感が控え目な分、しっかりと美味しさが染み込んできます。このバランス感覚、なかなか実現している店が少ない理由、食べてみればわかります。

鶏の塩ラーメン食べたのに、全然鶏の残存感とか塩っぽい後味がしないって点、料理としての完成度が如何に高いかがよく分かると思います。
ラーメンって言うとジャンクフードよりのジャンルに感じてならないんですが、こういうラーメン食べると、日本料理っていーなあ、とか思ってしまうものですね…。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_22244651.jpg

らーめん美学屋
東京都江東区東陽3-17-14
営業時間/11:30~15:00(日祝休み、但し祝日は月曜日の場合のみ休み)
※店内はカウンターのみ、先に食券を購入してOKです
アクセス/地下鉄東西線東陽町駅より、永代通りを東京方面へ進んだ通りの右手。徒歩4分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-07-25 22:27 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 New Old Style 肉そばけいすけ/肉そば味噌+味玉 semスキン用のアイコン02

  

2011年 04月 17日

ちょこちょこ寄ってるラーメン屋さんです。いつの間にか、味噌を始めていたらしく。
相変わらずハイテクの香り漂う自動券売機が印象的ですが、出て来るラーメンはもっと印象的。

さっそく、食べてみましょう。ちなみに「味噌味」って表現に違和感を覚えるのって、たぶんおいらだけではないと思われます。

c0212636_17185891.jpg

このあたりの文章をテキトーにクリックすると、通常メニューの醤油について熱く語ったエントリーにジャンプできると思うんですが、写真を見比べてみてください。
何が変わったの?って言われると、露骨にスープが変わってます。後は同じ。
麺も、肉の量も一緒です。スープもベースは一緒で、タレだけが別物と考えるのが妥当です。だって、味噌専用にベーススープまで開発してたら、とてもじゃないけど100円アップ程度の価格設定じゃあ、このラーメン売れないもの。

まー、余談はさておき。
味噌って場合のよっては辛かったり、甘かったり、思ったより薄いのに脂っこくてコッテリしてたり…等、ひと言で表現できない&見た目で判断つけ難いという特徴があるもんですが(そりゃ、味噌の種類が地域によって全然違うからしょうがない訳ですw)、この味噌は「甘めだけど唐辛子とかの辛さもピリっとしていて、でもコッテリはしてない」というジャンルです。
つまり、タレ自体は意外とサッパリしてるけど、ベーススープがパンチ効いてるから、併せ技で骨太に仕上がってる…って感じ。
ベーススープは、チャーシューの煮汁と香味野菜あたりが主役。ラードもそれなりに浮いてるんですが、生姜がアクセントになってて、嫌味がほぼ感じられない。ステキなバランス感覚の賜物です。

c0212636_17253090.jpg

定番の箸揚げしてみました。麺は醤油と全く一緒です。
思ったよりも量があるんです(たぶん180gくらい)が、結構スルって食べられます。麺少なめ、肉少なめも受付中。小食の方は、肉と麺、いったいどっちを選ぶんでしょうか?

トータルで見て、このラーメンが780円(このエントリー投稿時現在、味玉除く)って、コストパフォーマンスはやっぱし異常です。普通、こんだけ派手に具が乗ってると、800円台後半は確定なんですけど。
前回のエントリーで、「近所にあったら絶対に忘れられない存在になる」って書きましたが、味噌食べても所見は変わらぬままでした。
いやー、ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点/10満点)

c0212636_1732856.jpg

New Old Style 肉そばけいすけ
東京都江東区住吉2-25-1
営業時間/11:00~15:00、18:00~26:00、定休日なし
※禁煙、お座敷席4卓あり。
アクセス/地下鉄半蔵門線、都営新宿線住吉駅より四ツ目通りを南下。通りの左手。徒歩3分くらい。5番出口からだと通りの反対側に店が見える。
[PR]

by carp1976xp | 2011-04-17 17:32 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 トナリ/タンギョウ(大盛) semスキン用のアイコン02

  

2010年 11月 02日

久しぶりの「トナリ」です。
タンメン食べたい、餃子食べたい…。

c0212636_113735.jpg

相変わらず具沢山なビジュアルに血沸き肉躍るのは、避けられぬ自然の摂理。
シャキシャキに炒められたモヤシ、キャベツ、ニラ、ニンジン、タマネギ…パリっとした歯応えが大変素晴らしく、箸の動きを加速させます。香りもいいんですね、野菜炒め~、って感じで。

c0212636_153277.jpg

今回は大盛にチャレンジしてみました。
炒めた野菜から滲み出た甘みが馴染んだ油、これがスープと融合して、なんとも言い難い旨みを形成するわけですな。
しかも、何かスープが濃くなったような気がします。以前食べた時は、ここまでトローっとした濃厚さはなかったような気がするんです。そして、味付けの肝であるタレが少し薄味になったような?
勝手に憶測を立てると、ダシを強くして、タレを弱くしたって思えるんですね。コストが掛かるダシへの比重を高くして、その分、コストの低いタレ分量を減らした。高原価体質へのシフトは、おいしさUPという結果で顧客に還元されています。ステキ。

c0212636_1102445.jpg

そのパワフルなスープを受け止める麺。これは変わってないと思うんですが、相変わらずコシがしっかりしている太縮れ麺。
普通、ラーメンって麺とスープが主人公なんだけど、この麺の場合、上モノやスープの魅力を引き出すためにがんばってる感じ。スルスル食べ進められます。
今回は生姜を別皿にしてもらって、少しずつ使って食べてみたんですが、スープが骨太になった分、生姜で引き出される旨みが増したような気もします。ま、全部気のせいかも知れないですが…。

c0212636_1124736.jpg

たまたま裂けちゃったんで、餃子の中身も撮ってみました。ニラが超利いていて餡が多めの餃子。熱々のうちに召し上がった方が美味しいのは言うまでもなし。

丸の内の「TOKIA」地下に支店が出来てるみたいですが、あっちの方って定期券のルートから外れてしまった関係上、全く行かなくなってしまいました。
ま、ウチの場合は江東区内なんだから、おとなしくこっち来とけ!って感じですがw
いやー、タンメンなのにジャンクな一杯。ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★★☆(9点/10満点)

c0212636_117415.jpg

トナリ
東京都江東区東陽3-24-18
営業時間/11:30~15:00、18:00~22:00(材料切れで早仕舞い、日曜定休
※カウンターのみ、お冷はセルフサービス
アクセス/地下鉄東西線東陽町駅より、永代通りを西進。通りの右手。徒歩3分くらい。
[PR]

by carp1976xp | 2010-11-02 22:59 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 東神田らーめん/らーめん+味玉 semスキン用のアイコン02

  

2010年 10月 16日

我らがサンストリートの宿敵たる、アリオ北砂の偵察に赴いた際に立ち寄った一軒です。
昔は、東神田(馬喰町とか小伝馬町のあたり)にあったから「東神田らーめん」なんだけど、移転してきても屋号は変えず。「恵比寿らーめん」みたいです。

c0212636_1232787.jpg

らーめんは、オーソドックスな醤油らーめんなんですが、ゲンコツの旨みが丁寧に採られている、時間を掛けて仕込まれたスープが持ち味。もうちょっと醤油だれが濃くても良いと思うんですが、この界隈はファミリー層とか老人層が多いので、これくらいに抑えられていると、地域性に大変マッチしているように感じます。
油の層が若干厚めに感じますが、スープ自身が優しい味に傾いているので、これくらいのこってり感がないと物足りない印象になってしまうかも知れない。異なる要素を加算して、絶妙にバランスを取っている好例です。

c0212636_1275962.jpg

麺は中細のストレートで、若干製造上の縮れが入ってます。スープをしっかり拾ってくれる麺なので、思いのままにズズーっと啜ってれば、勝手に液体と固体の渾然一体感が楽しめます。
前述した「異なる要素の云々」が、ここでも活かされている訳です。この手法で全体をまとめる技術、ラーメン屋さん始める前に、何か料理人をやってたんじゃないかと推測しますが…まあ、それはさておき。

この一杯を食べてしまった影響で、肝心のアリオ偵察を忘れ、そのままチャリンコでプラプラするハメになってしまうくらい、満足感の高い一杯でした。
店頭に手書きの薀蓄がたくさん書いてありますが、偉そうに書いてあるわけではなく、等身大の言葉で想いが綴られており、なんだか好感が持てるお店だな~、って印象です。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点/10満点)

c0212636_1334652.jpg

東神田らーめん
東京都江東区大島1-35-10
営業時間/11:30ごろ~15:00ごろ、17:30ごろ~22:30ごろ(土日祝は11:30~16:00ごろ、17:00ごろ~21:00ごろ)、月曜定休だが月曜祝日の場合は火曜日休み
※カウンター席8席。食券制。つけ麺のあつもりはできません
アクセス/都営新宿線西大島駅A1より明治通りを南下。交番がある丁字路っぽい十字路を右に入ってすぐ。徒歩5分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2010-10-16 23:39 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 麺や 璃宮/らーめん+のり semスキン用のアイコン02

  

2010年 05月 08日

「あ!ソーセージの匂いがする!」とか言いながら少年が店頭を通過するほどに、燻製っぽい香りが充満した店頭環境を誇る一軒です。綿糸町が最寄り駅だけど江東区という、大変珍しい立地条件w

二連式カウンター、トイレに水道がない…等、少々風変わりな店ですが、他のサービスや商品は素晴らしいものがあると思われます。店頭からして燻製の匂いが充満していると言う時点で、この店の商品から「燻製」という言葉を外す事はできないでしょう。燻製って言うと、松戸の「兎に角」が代表格って言われてるけど、おいらはこっちの方が好きだなあ。近いし。

c0212636_22203520.jpg

海苔が大変合うので、別皿で注文してみました。なお、燻製を称えるような表記を羅列してましたが、実際おいらは燻製ってんな好きじゃないと言う事実を、このあたりで明記しておきますw
従って、燻製の薫り高い味玉さんは、今回のチョイスからハブりました。

とは言いながら、トロトロの豚骨魚介スープにも燻製の風味が粘着しまくってます。濃度が大変高いスープですが、味付けは思ったほど強烈ではなく、コラーゲン質のトロみがサラっと口の中を通過していく感じ。舌触りは結構しつこいようにも思えるけど、何度か口に運んでみるとそうでもない。
豚骨魚介のくせに、全然魚介魚介してないから、燻製が苦手ってわけじゃない人なら誰でも楽しめると思いますね。

c0212636_22242259.jpg

麺は結構縮れている太麺で、結構立派なコシがあります。歯応えが結構あるため、噛んでいると滲み出てくる甘みを含め、食べていて楽しいタイプの麺だと思いますね!
ラーメンで200gも入ってるから、食べ応えも十分。具が少々少なめなので、何か追加トッピングしてもいいんじゃないかなー。燻製味玉は殆どの人が頼んでるように見えるので(中には2個頼む猛者も…)、たぶんオススメですw

昨今、禿しい値上がりを見せているラーメン業界。700円スタートとかが普通な中、650円で標準品を提供してくれるって、なかなか良心的だと思います。
最近「ラーメン」「つけ麺」以外に、「油そば」なるスープなしメニューを追加し、更なる躍進へと怠りない努力を重ねている「麺や璃宮」、今後の動きから目が離せません、たぶん。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_2230563.jpg

麺や 璃宮
東京都江東区毛利1-18-6
営業時間/11:30~14:30、18:30~23:00(金土は24:00まで)、定休日なし
※禁煙、カウンター席のうしろにもうひとつカウンター席があり。トイレに水道なし
アクセス/JR総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅より、四ツ目通りを南下。首都高小松川線をくぐって直ぐの交差点角。徒歩5分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2010-05-08 22:34 | らーめん@江東区付近

semスキン用のアイコン01 New Old Style 肉そばけいすけ/肉そば+味玉 semスキン用のアイコン02

  

2010年 05月 04日

名前の通り、「肉そば」の店。主力商品の名称が看板かと思いきや、まさか肉そばしかメニューがないとわw
四ツ目通り沿い、住吉の交差点より少し南に位置する当店、まあ道に迷う事はあり得ないかと。

ハイテクの香り漂う券売機で食券を手にすると、すかさずスタッフの兄ちゃんがメニュー確認と席の誘導を実施してくれるオペレーション。基本はカウンター席だけど、アベックとかグループは奥にある小上がり席に通されると思われます。現に、奥の席見たらアベック三昧だったしw

c0212636_0115097.jpg

このパンチの効いたビジュアル、一瞬竹岡チャーシュー(千葉ご当地ラーメンの代表格)か、青島チャーシュー(新潟ご当地ラーメンの代表格)と見間違えましたが、生姜とか玉ねぎとか乗っかってるし、たぶんインスパイアものでしょ。オリジナリティは欠片も感じられないけど、まあ、うまけりゃ文句も無い。
見た目通り、大量の薄切りチャーシューがこれでもか、これでもかと満載で、噛み応えは腿肉っぽい食感なんだけど、旨みがしっかり残った素晴らしい出来。味付けもシンプルで飽きがこないし、脂身がいい感じでハブられてるので、こんだけ大量に摂取しても胃もたれ起こらないのはお見事としか言いようがないでしょ。
肉をたらふく食えという、店側の熱いメッセージが込められた力作ですね。

スープはチャーシューの煮汁をお湯で割っただけど思いきや、結構複雑な味がします。これもシンプルだけど飽きがこない。ラードがプカーっと浮いてるけど、こいつも決して執拗な量ではなく、あくまでコクの引き出しと香り付け狙いかな?うーん、良いバランス。

c0212636_0193285.jpg

麺はこんな感じ。ほぼストレートの中麺で歯応えがしっかりしているタイプ。コシと言うほどの存在感はないけど、肉やらメンマやらと一緒に頬張る事を考えると、スープとの馴染みも程々なこの麺って、案外ベストな選択かも。
量もなかなか減らねーなあ、って思ったので、たぶん180gくらい(やや多め)は入ってる。

トータルで見て、このラーメンが680円(このエントリー投稿時現在、味玉除く)って、コストパフォーマンス異常。
この手のラーメンって流行の蚊帳から完璧に無視されてるから、滅多に口にする機会がないんだけども、近所にあったら絶対に忘れられない存在になるのは間違いないでしょ。
いやー、ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_0242589.jpg

New Old Style 肉そばけいすけ
東京都江東区住吉2-25-1
営業時間/11:00~15:00、18:00~26:00、定休日なし
※禁煙、お座敷席4卓あり。
アクセス/地下鉄半蔵門線、都営新宿線住吉駅より四ツ目通りを南下。通りの左手。徒歩3分くらい。5番出口からだと通りの反対側に店が見える。
[PR]

by carp1976xp | 2010-05-04 00:27 | らーめん@江東区付近