ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 Silver Road semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 31日

c0212636_22514323.jpg
Nikon D40/SIGMA DC18-50mm EX MACRO(HSM)
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-31 22:54 | いい風景

semスキン用のアイコン01 らーめん・つけめん こてんぱん/豚骨らーめん semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 30日

都内屈指のターミナルである亀戸駅北口とは印象を異とする、どこか落ち着きを放った雰囲気である亀戸駅東口。そこに、数々の感動を描いてきた「らーめん・つけめん こてんぱん」の看板を見出すのは余りにも容易い。
寛容な概観に誘われるかのように扉を開くと、普段通り2割くらいの客入りとなっておりました。美味しいのに…。なお、うち1名は女性のお一人様でした。お店がキレイだと入りやすいんでしょうか、やっぱし。

豚骨ラーメンはオススメです。
豚骨スープはしっかりと旨みが出ているのに、全然臭みがなくて、サラッとしてるのにコクがある。コクって感じる要因は、もしかするとスープ表面に浮いている背脂さん達のせいかも知れないですが、この背脂さん達も、決して重さを感じるような物量じゃないんです。豚骨スープでありがちな塩分の強さも大して感じないですので、なかなかナイスバランスなスープが提供されてます。

c0212636_10363588.jpg

黒い部分はマー油(ニンニクを焦がして馴染ませた油)なんですが、これも酸味とかは全然なくて、品質管理がしっかりしてます。これって、油断すると速攻で酸化してすっぱくなっちゃうんですけど、ちゃんと独特のニンニク感とか香ばしさが立っている。この油を抜いてもらう事も出来ると思いますが、しっかり火が通ったニンニクって、餃子とか食べた後に来る独特の臭さがないですので、安心してフルスペックで楽しませてもらうのがベストですぜ。

c0212636_10274063.jpg

麺はストレートの中麺です。しっかりとしたコシがあって、表面がツルっとしていのでズルズルと吸い込みやすい形状になってます。量が結構多めなので、スープが単調だったり具が少なかったりすると飽きちゃうんじゃね?という懸念もありますが、全く問題ありません。飽きが来るような一杯には仕上がってませんので。

それなりにハイレベルなラーメンが楽しめるし、メニューもラーメン三種類、つけ麺、季節ものとなかなか豊富。それでも混雑はボチボチってあたりが、なんか亀戸っぽくて大好きです。
んな細かい事を気にする街じゃないんですが、コストパフォーマンスっていうか、お得感が求められる場面が多い街ですので、その中で生き残っている実力、確かです。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_10321590.jpg

らーめん・つけめん こてんぱん
東京都江東区亀戸6-61-1
営業時間/11:30~25:00、日曜祝日は22:00まで
※禁煙、カウンターのみ
アクセス/亀戸駅東口改札を背にして、右手に見えてます。徒歩15秒
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-30 10:32 | らーめん@亀戸

semスキン用のアイコン01 ゴレンジャー semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 27日

c0212636_22594523.jpg
COOLPIX P5100
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-27 23:00 | 街中のワンショット

semスキン用のアイコン01 東池袋大勝軒ROZEO/味玉そば semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 26日

開店直後に訪問したきり、全く足が向いていなかったんですが。
まあ、北小金っていう大変微妙な立地に加え、駅から徒歩15分くらい掛かるというアクセスの悪さが手伝って、クルマ文化だったりとか、近所に住んでたりしなかった場合、なかなか行く機会がないっていうのも事実だと思われます。
でも、久しぶりに行ったら、スタッフの皆さんが頑張ってるのが良く分かったんですね。やもすれば、本家の「中華蕎麦とみ田」より好きって思ってる人もいるんじゃないの?ってくらいに、クオリティが高くなってました。

c0212636_1175957.jpg

餃子も大変美味しかったですw

「東池袋大勝軒」って名乗ってるわりには、異様なレベルで濃厚なスープ。これ、大勝軒とか言ってて、実際は経営者である富田氏の意匠が強烈なまでに込められてるなあ。
ドロドロになるまで炊き出して骨の髄に至るまで旨みを抽出した、独特のドロドロ豚骨スープ。鶏の旨みも感じられたから、間違いなく「中華蕎麦とみ田」同様、モミジ使ってるなコレ。
という事で、ここいらで「東池袋大勝軒」って名前は脳裏から抹殺して、一心不乱に食い尽くしましょー。

c0212636_1245412.jpg

濃いですw
鯖節に代表される、魚介のだしも存分に感じます。でも、濃すぎずエグ過ぎず、どのだしも目立たず互いを引き立てるような塩梅になっている。
この泡立ってる脂は、スープを煮立てた時に出て来る脂を意図的に作り出して、こってり感を演出しつつ旨みの蓋をする意味合いもあるんじゃないかと思われます。富田氏の得意技です。

c0212636_1281953.jpg

スープのパンチが結構強めなんだけど、麺も全く負けてないってのが素晴らしい。
自家製ストレートの太麺は、甘みとコシが好感触。並でも結構な物量が入っているし、ツルツルで啜りやすい形状なのにも関わらず、スープがトロトロだから、しっかり麺に絡み付いてくるわけです。
具も一緒に頬張れば、勝手にハッピーホルモンが湧き出てくる事でしょう。勿論、おいらは出て来ましたw

c0212636_1313636.jpg

こんだけ強烈な個性を放つ麺とスープがありながら、具もしっかり存在感を示してますよ。
品目も量も十分だから、バリエーションに富んだ食べ方が実現できると思います。まさか、麺とスープと具を別々に食べるなんてもったいない事、しちゃったりしませんよね?

最近、上江洲氏から月館氏に店長が代わったようだけど、彼の個性がしっかり反映された熱い逸品が楽しめました。
店は広く、テーブル席が充実していて、駐車場も10台以上と十分なスペースが確保されている。昼時って追い風もあって、席が空くのを待つ人も少なくない。リピーターも多そうだし、十分な支持を受けてるんじゃないかなー、という印象です。
また近いうちに来ます。ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_1413998.jpg

東池袋大勝軒ROZEO
千葉県松戸市小金きよしヶ丘4-6-3
営業時間/11:00~23:00(品切れ早仕舞い)、基本的に無休
※4人がけ、6人がけ等テーブル席多数。カウンター席も多数あり。40席以上。禁煙
アクセス/常磐線北小金駅南口より、SATY裏に回り込んで東へ。そのまま国道6号水戸街道に出て右折、東京方面へ進んだ先。徒歩15分前後。寧ろクルマで行くべき立地です。
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-26 00:54 | 中華蕎麦とみ田

semスキン用のアイコン01 It's a Nite View of 江東区 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 24日

c0212636_21145464.jpg
Nikon D40/SIGMA DC18-50mm EX MACRO(HSM)
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-24 21:18 | よるのまち

semスキン用のアイコン01 らーめん元楽 亀戸サンストリート店/特製楽らーめん semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 23日

あの超HYPERショッピングモールの中でも、驚嘆すべき混雑を誇っている人気店、「らーめん元楽 亀戸サンストリート店」。
普段だと「特製元らーめん」ばっかし頼んでいるおいらですが、たまにゃ別のメニューもいいかな~、なんて思ってのアクションは、「特製楽らーめん」。「元楽」って言うくらいだから、「元らーめん」「楽らーめん」の二枚看板で戦ってます。「楽らーめん」は塩スープです。

c0212636_1232228.jpg

特製元らーめん」が、「元らーめん」と一緒の具材で攻めてるのと違って、「特製楽らーめん」は、「楽らーめん」とは全く別のビジュアルになってます。
背脂とかスープの質はあんまし変わらないんですが、キクラゲとか茎ワカメとかが入ってて、玉子も味玉になってる等、少し高めな価格設定を十分に補うだけの補強が施されていて、食べてて全然飽きないメニューと言ってもいいんじゃないですかね?
そもそも麺の量は十分にあるわけだし、スープは背脂さん達が縦横無尽に泳ぎまくってる面魂だけあって、ボリューム感が満点なのは語るに及ばす。これに「ぶためし」をオプションで付けた日には、おなかパンパンで夕飯イラネって思うでしょう。たぶん。

スープはやっぱりゲンコツ(比較的サラっとしていて、口当たりの良い豚骨スープ)で、そこにまろやかな感じの塩だれが絡んできます。昆布か何かでグルタミン酸のパワーを強く感じられる手前、背脂が放つイノシン酸との相性はバッチシなのです。良く練られたメニューですこと。

c0212636_133613.jpg

麺はしっかりと歯応え、コシのある太麺が採用。具だくさんなので、麺とスープだけで楽しむよりも、具を一緒に頬張って美味しくいただくのが常套手段なのでは?と思われます。
やもすれば飽きが来てもおかしくないスープなんですが、バラエティ性の高さで完璧にカバーしてるんです。コレ、オススメです。高いけど。

誰が食べても文句なしの安定メニューである「元らーめん」「楽らーめん」もいいんですが、たまには奮発して特製を頼んでみるのも一興です。価格に見合ったらーめんが楽しめますので。
家族でサンストに行った場合、フードコートスペースに持っていって、家族全員がバラバラなメニューを食べる事も可能。こういう施設に、きちんとしたラーメン屋さんが入ってるって、亀戸素晴らしいぜ。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点/10満点)

c0212636_138913.jpg

らーめん元楽 亀戸サンストリート店
東京都江東区亀戸6-31-1 亀戸サンストリート内
営業時間/11:00~22:00くらい
※店内はカウンターのみ、フードコートスペースでの食事も可
アクセス/亀戸駅東口改札から京葉道路に出て横断歩道を渡った先、サンストリート内1F中央広場に隣接
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-23 23:38 | らーめん@亀戸

semスキン用のアイコン01 サンストリートの入り口にある中途半端な三角形 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 19日

c0212636_23504917.jpg

c0212636_23511710.jpg

c0212636_23513380.jpg
COOLPIX P5100
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-19 23:51 | かめ☆ぶろ

semスキン用のアイコン01 極楽豚骨 武蔵/味玉醤油らーめん(中) semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 18日

新店の情報をリークいただいたので、地元民としての責任感を遺憾なく発揮してみました。まあ、要するに偵察に出てきたって事ですw
丁度「サンケイスーパー」で買物したかった(冷凍食品が常時四割引)ので、途中で立ち寄る感じになったわけですね。現地に着くと、少し前まで「どさん子」か何かだった看板が、とっても綺麗になってました。さて、一体どんなお店なんでしょーか?

c0212636_0152422.jpg

トッピングメニューが大変豊富に用意されています。メニュー表には「キャベチャ」なるオプションもありましたので、間違いなく家系、いわゆる豚骨醤油ラーメンが堪能できると予想されます。近隣には、地元の認知度が高い「天神家」があるので、このジャンルでガチンコ勝負を挑むとなれば、かなりの自信があってのチャレンジと見て間違いないでしょう。

初めてのお店では、基本的にノーマルラーメンを頼むんですが、どうしても玉子が食べたくなってしまったので、味玉入り中盛でお願いしました。待つ事5分弱でのご対め…失礼、ご対麺 ←

c0212636_018290.jpg

家系は結構色々と食べて来ましたが、この麺とスープは記憶にない色合いです。
わりと甘みのある醤油だれが効いていますが、ベースの豚骨スープ、濃厚さこそ結構出てますが、豚の旨みがやや弱め。かといって、家系で頻繁に見られる「しょっぱいスープ」でもないという、何と言うか中庸的な豚骨醤油って感じです。
勿論鶏油も入っていて、こってり感が演出されてるんですが、麺がスープを巧い具合に持ち上げてくれないんです。従って、何処となくバラバラな感じのラーメンに感じられます。
そもそも、エコ箸を採用するのはいいんですが、麺もスープもツルツル滑るタイプの仕様と来てるのに、箸自身がツルツル滑って使い難いタイプの物。食事の快適性を考慮しても、このお箸については少し考えてみていただきたいと本気で思いました。。。

c0212636_0234067.jpg

麺はコシのあるストレート太麺で、茹で具合が良く食感良好…なんですが、先述の状態に起因して、何と言うか独立勢力となってます。具と一緒に頬張ってみるんですが、味玉醤油らーめん中盛850円という価格のわりに、寂しさ漂う絵面となっているため、具の寿命が短か杉という罠が。

家系は大量の素材が必要となるため、客入りがある程度稼げるようにならないと美味しいスープが作りにくいんですが、亀戸という街の特性上、ここまでコストパフォーマンスが悪いと、肝心の客足が伸び悩む可能性があります。良くも悪くも個性的な街ですゆえ。
この先何処まで調整して仕上げてくるか、また様子を見に行ってみようと思います。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点/10満点)

c0212636_035287.jpg

極楽豚骨 武蔵【閉店】
江東区亀戸3-61-13
営業時間/11:00、閉店時間不明
※カウンターのみ
アクセス/亀戸駅北口明治通りを北上し、蔵前橋通りの交差点を越えた少し先。通りの左手。徒歩7分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-18 00:41 | らーめん@亀戸

semスキン用のアイコン01 麺絆や519/らぁ麺 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 14日

なんて読むか分からない店の名前、数字の部分は「こいけ」って読むようです。
つまり、「めんばんやこいけ」が正式名称…ちょっと分かりにくいですな。
昼の部と夜の部で出て来る物が全然違うのが特徴なんですが、まあ田代系だから味のイメージを結構掴みやすい(※田代系知ってる場合に限る)夜の部よりも、昼の部の方が面白みがあると思います。
てゆうか、どうしてこの系列、夜の部で二郎インスパイア出してくるんでしょうかね?食った後寝るだけなんだから、あんなハイカロリーな食べ物出さなくても…え?ニンニク?

…閑話休題(それはさておき)。
昼間の定番メニューは、大勝軒的なラーメンです。調子に乗って味玉も入れました。定番ですw

c0212636_21412858.jpg

まあ、人によって好みはあると思いますが、個人的にはこの鶏が強いスープ、キライじゃないんです。つけ麺もそうなんですが、口当たりがホッとする印象のベースだと感じます。
醤油だれは濃すぎず薄すぎずの安心設計となっていて、誰が食べても「あ、いいね」って思うような、こってりでもなければあっさりでもない、そんなスープに仕上がってます。良い意味で癖のないスープなため、亀戸の平均年齢を考慮するに、年配の方も意識して味を組み立てたんじゃないの?と思います。

c0212636_21453360.jpg

麺は見ての通り、相当太いですw
但し、味の主張はそこまで強くないので、スープのホッとする感を壊すような野暮は致しません。
ひとつだけ残念なのは、全体的にまとまりが良すぎるので、量が増えると味に慣れ過ぎてしまう可能性があるって事でしょうか。普通盛で丁度いいくらいなんじゃないかなー、と思います、毎回。

つけ麺の注文が圧倒的に多いように感じる中、敢えてラーメンを頼むのは、おいらが「大勝軒=ラーメンが美味い」という印象を勝手に持ってるからに他なりません。
夜は二郎系のガッツリメニューでガンガン戦っている当店、昼のメニューでももう少し戦ってみたら面白いんじゃあないのかな?とも思ったりします。大勝軒が食べられる貴重な地元の星だけに、今後の飛躍に期待したい気持ちが途切れる事はありません。
ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★☆☆☆☆(6点/10満点)

c0212636_2150489.jpg

麺絆や519
東京都江東区亀戸2-14-6
営業時間/11:00~15:00(昼)、17:00~23:00(夜)、基本的に無休
※カウンターのみ、食券制です
アクセス/亀戸駅北口からマクドナルド左の横断歩道を渡って、向きを変えずに西へ直進。その先にあるセブンイレブンの十字路で右折してすぐ。徒歩4分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-14 21:53 | らーめん@亀戸

semスキン用のアイコン01 布陣 semスキン用のアイコン02

  

2010年 01月 13日

c0212636_0245474.jpg
COOLPIX P5100
[PR]

by carp1976xp | 2010-01-13 23:59 | 街中のワンショット