ほぼ日常

carp1976xp.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 そういや、こないだ太田(群馬県)に行ったんですよ。 semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 19日

先週の話なんですけどね。

9時半くらいの電車に乗って、準急とか急行とか鈍行とかを乗り継いで向かう、太田駅。
ちなみに、特急「りょうもう」は、同行者が春日部で合流する手筈だったので、残念ながら乗車してませんw

c0212636_21224343.jpg


120分くらいかけてカタンコトン。案外安くいけるんですね、太田。
クルマで下道走って行くよりも早くて、高速道路使っていくよりも安い。案外侮れない、東武伊勢崎線。

現地で同胞wと合流して、最初に伺ったのはココ。

c0212636_2125670.jpg

「恒」で「コウ」って読みます。ツネじゃないです。 ←ツネでした、失礼w
北関東らしく、手打ちの美味しいラーメンが楽しめるって話ですね。楽しみ。

c0212636_21255515.jpg

そして登場した奴がコレ。ラーメン600円はなかなかのボリューム感。他にも塩ラーメンがあったんですが、おいらが今回頼んだ醤油とは、ほぼビジュアル一緒。
スープはたぶん、鶏と豚のガラが門外不出の黄金比でブレンドされてるんだろうと思いますが、比較的控えめなタレの影響力も手伝ってか、シンプルな味付けになってます。
しかしながら、大変コクがあって、主人の意図に反してレンゲが勝手に動き出します。止めるのに一苦労ですw

c0212636_21284310.jpg

麺は手打ちです。朝早くから打ってるんだろうと思われる、フレッシュな奴。コシもなかなか。
東京にはないタイプの一軒でした。ステキ。

んで。

c0212636_21302121.jpg

一軒で済むはずありません。2軒目は伊勢崎に移動して、「いまるや」に訪問してます。
そこで巡り合った仲間は、この者となります。

c0212636_21321679.jpg

鶏がらが中心になって、スッキリといい感じにまとまったスープが持ち味。14時くらいに伺ったのに、10人近い待ち行列があったんですぜ!
…市街地から結構離れてるってのに…やっぱり、力のある店には客がつくもんです。

c0212636_21351122.jpg

麺は細めなんですが、ツルツルのど越しと、自己主張のあるコシが同居したタイプ。いい麺です。好き嫌いは分かれると思うんですが、スープが淡麗なのでアジャストしてます。


という感じで、なんか超備忘録的なエントリーになっちましましたが、大変楽しかったです。

c0212636_2137985.jpg

…帰りも無論、普通電車で帰宅しましたw
[PR]

by carp1976xp | 2011-02-19 21:37 | 日記的なもの

semスキン用のアイコン01 昭和浪漫 semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 03日

c0212636_1295841.jpg
COOLPIX P5100
[PR]

by carp1976xp | 2011-02-03 01:30 | 街中のワンショット

semスキン用のアイコン01 青島食堂 秋葉原店/青島チャーシュー大盛 semスキン用のアイコン02

  

2011年 02月 01日

群馬から登場した某部長と、秘密の会合ですw
場所はオタクの聖地、秋葉原…から浅草橋方面に3分くらい歩いた場所。つまり、オタク界隈とは完全に別方向。。。

c0212636_23151546.jpg

このステキなビジュアルは、まさしくチャーシューメンと呼ぶに相応しい、何とも厳つい趣き。
肩ロースっぽい肉質のチャーシューが、これでもか、これでもかと搭載されています。これだけでおなかいっぱい、夢いっぱい。

肝心のスープは、チャーシューの煮汁を駆使した豚さんのステキなエキスが充満した、香るだけで心が満たされる感じのワイルドな仕上がり。
生姜を多用している事が店内の掲示等で確認出来るんですが、まあ普通に店の中へ足を踏み入れれば、誰でも推測する事が可能と思われます。まあ、しょうがねえかなあ。




………。
さて、気を持ち直して。

c0212636_23183689.jpg

麺は中麺です。若干縮れてますが、別に意図的なものではないと思います。
コシがあって歯ごたえ云々、という麺ではなく、ストレスなく食べられる感じの、食感優しい麺を使ってます。
豚さんバリバリなスープとはいっても、九州豚骨みたいな攻撃的なものではないので、麺の自己主張はあんましなくてもいいと感じますので、まあこんな感じの麺がベストなんじゃないでしょーか?
チャーシューとか他の具と一緒に頬張れば、当たり前だけど、美味しさ倍増となります。

ヤケに凝ったラーメンとか、異常に濃いラーメンとかが猛威を振るっている東京のラーメン市場において、こんな感じのラーメンが人気を博しているのは、ある意味自然な流れなんじゃないかな、って思います。
だって、最近は濃厚な豚骨魚介とか食べると、すぐに「ウフッ」ってなって若干気分が悪化するんですもの。
…歳かしら。。。

ご馳走様でした。

満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点/10満点)

c0212636_23232010.jpg

青島食堂 秋葉原店
東京都千代田区神田佐久間町3-20-1
営業時間/11:30~15:00頃、17:00前〜19:00 (材料切れ次第終了)、火曜日定休
※外から見るとシャッターが閉まってるように見えますが、ちゃんと開いてます
アクセス/JR線、地下鉄日比谷線秋葉原駅、昭和通り口より、昭和通りを越えて総武線高架横(南側)を直進。公園の横で右折して直進、公園が途切れたあたりの角。徒歩3分程度。
[PR]

by carp1976xp | 2011-02-01 23:27 | らーめん@お気に入りの店